タイムレコーダーを導入することで得られるメリットとは?

人事担当者の勤怠管理の手間を省ける

タイムレコーダーは、一人ひとりの従業員の出退勤の時間を正確に把握できるのはもちろん、人事担当者の日々の勤怠管理の手間を省けるといったメリットがあります。例えば、集計機能が優れているタイムレコーダーについては、導入コストがやや高額になることがありますが、数百人以上の従業員がいる職場でもスムーズに勤務状況を把握することができます。最近では、給与計算や有給休暇の取得状況などを一元的に管理できるタイムレコーダーも続々と登場しています。そこで、効率的に勤怠管理を行うにあたって、それぞれの職場の従業員の数や人事担当者の仕事量などに注目をして、適切なものを導入すると良いでしょう。

クラウド型のタイムレコーダーは勤怠の自己管理も可能

クラウド型のタイムレコーダーは、それぞれの従業員が自分自身の出勤の状況や有給休暇の日数について自己管理ができるため、仕事のモチベーションアップのために最適なツールとして普及が進んでいます。特に、スマートフォンやパソコンと連携して使えるタイムレコーダーについては、外回りの仕事が多い従業員でも時間や場所を問わず勤怠管理ができるという魅力があります。また、民間企業や官公庁を対象としたクラウド型のタイムレコーダーには実に様々な種類があります。そのため、タイムレコーダーの導入を検討する際には、早いうちから各メーカーが開発した製品のカタログや公式サイトなどを確認して、具体的な機能や導入コスト、操作方法などを比較することがおすすめです。

タイムレコーダーはアプリが登場し簡単にネットを介して管理ができるようになりました。出張先での管理の難しい勤怠管理が可能です。

Related Posts