部署別研修を実施しよう!何を目指すべき?

部署別ならスキル重視で実施しよう

社員研修には全社員を対象とするものもありますが、個人レベルあるいは部署レベルでの能力の向上を目指して行う研修もあります。部署別で行うのは典型的な方法で、さらに職種ごとに分けて実施することにより個々のレベルアップを図ることが可能です。部署によって求められる能力には違いがあり、普段から従事している業務も全く異なります。同じ研修をしても事務職、営業職、技術職の人の専門的な能力を同時に高めることは困難でしょう。そのため、部署別の研修の意義を深めるためにはその部署で必要とされているスキルを高めることを重視した内容にするのが肝心です。得意としている部分を伸ばしても、不足している力を補っても構わないので、特定のスキルに着目して内容を決めましょう。

コミュニケーションも大切にしよう

職種ごとのスキルアップ研修をするのはその部署での業務効率を上げたり、成績を高めたりするのに有効です。それと併せて検討しておくと良いのがコミュニケーションの円滑化です。研修を通して同じ部署で働いている同僚をより深く理解し、しっかりとした連携を取れるようにするとさらに大きな力を発揮してくれるようになるでしょう。普段は仕事が忙しくてコミュニケーションが疎かになっているという場合には特に重要な点です。グループワークを取り入れて常に同僚と話をしながら研修を受けられるようにすると、効果が上がりやすいでしょう。ゲームをするだけでもコミュニケーションは取れるので、気張らずに内容を考えるのが大切です。

既存または、新任の管理職を育成し、将来の企業の発展を目的とした管理職研修。部下や上司とのコミュニケーション能力を養う人間関係のスキルや労務・会計などの業務管理スキルの習得を目的とするものがあります。

Related Posts