インターネットを使用した情報教材!?学校や企業で力を発揮するeラーニングとは

eラーニングについて

eラーニングとは、インターネットでの情報技術を利用した学習法のことです。PCや携帯電話やPDAなどを使用して情報を閲覧して学習を行います。学習する側がeラーニングを行うメリットは同じ時間、同じ場所で集まって授業を受ける必要がなく好きなタイミングで学習できること、それぞれの理解度に応じて学習を進めることができることなどが挙げられます。教師側のメリットは同じ授業を繰り返し行う必要がないこと、紙などアナログの教材が必要ないので費用が安く抑えられること、教材の用意が簡単にできることなどが挙げられます。大人数の受講者の習熟度を確認しやすいので、学校での授業、企業での社員教育などに活用されています。

学習する側の理解度に応じて進捗の管理や支援を行う案内役はメンターと呼ばれ、メンターによる管理はメンタリングと呼ばれています。メンターの中でも学習のサポートを行う役割はチューナーと呼ばれ、学習する側に適切なサポートを行うことで効率よくeラーニングの学習を行うことができます。

eラーニングで使用される教材・システム

eラーニングで使用される教材は静止画や動画などを組み合わせたものが多く、コンテンツと呼ばれることもあります。学習管理システムというeラーニングと連携するシステムもあり、教材の保管、教材の配信などはこのシステムによって行われます。学習管理システムは学習する側の習熟度を確認するためにドリル、小テスト、試験問題などを保管して、システムと連携して学習履歴を残すことで、学習する側が充分に理解できていないポイントを発見することができます。

派遣のeラーニングは、仕事に関する研修や人材育成などに活用出来るシステムです。パソコンやスマートフォンなどのインターネット環境があれば利用が可能です。