自営業の始め方!準備期間ですることが大事!

準備期間で全てが決まる

自営業を始めるなら、準備期間にどれだけ売上に近づけるかが重要になります。自営業を始めてすぐに仕事が決まる人もいれば、なかなか仕事が決まらずにお金に困ってしまう人もいます。その差は準備期間にしたことです。仕事を始める前から独立後にお客さんになる人を探しておくと、すぐに仕事を回してくれます。このようなお客さんが複数いれば、仕事が途切れることはないでしょう。ただし、古巣からお客さんを取っていくと禍根が残ります。義理は通して独立した方が、困ったときに助けてもらえます。

仕事を作るのは準備期間

自営業を始めてしまうと、仕事を作る時間がなかなか取れません。そのため、準備期間である程度仕事の量を増やしておくと、続けることが簡単になります。特に顧客が足りないと感じているのであれば、準備期間はチャンスです。顧客は多くて困ることはありませんので、できるだけ確保しておくことが大事です。昔知り合った人に挨拶に行くや、営業担当者にコンタクトを取るなどをしておくと、仕事につながる可能性は高いです。ただ時間をかけられないのであれば、メールや電話で一報を入れておくと、後から仕事につながるかもしれません。

仲間を作っておくと保険になる

自営業を始めるときに仲間がいると心強いです。これは精神的な部分だけではなく、仕事を回してもらえるという意味でも心強くなるのです。自分の仕事がずっと上手く回るとは限りません。仕事がなくなったら、仲間が仕事を回してくれることがあるのです。その意味でも仲間を作っておくと、保険になります。

フランチャイズとは事業形態の一つです。本部と契約をし定められた加盟料を支払うことで、その本部が提供しているサービスや商品を扱って店を持つことができるシステムを指します。

Related Posts